風景写真(自然主義的写真) その1

奥入瀬渓流

東北1,800kmの旅。 (8月1日から5日の3泊5日の旅)
下記の2作品とも撮影場所は、青森の奥入瀬渓流。

 午後3時頃で晴天であったが、渓谷はかなり薄暗い。
撮影条件としては三脚が必要と感じたのだが、なぜか露出を
確認したら十分に手持ちでも大丈夫であった。 手持ち撮影
とした。 
 ところが帰宅後、撮影情報を確認したところISOがなぜか
800に設定され感度が上がっていた。 いつのまに設定が
変わってしまったのだろう。 どうりで、アンダー露出でもシャッター
がきれたはずである。 
 
d0036570_13532219.jpg
 
緩やかな流れの場所で、水の流れるせせらぎが気持ちよい。
あたりはかなり薄暗く涼しいが、日が射している場所は灼熱地獄。
このギャップがたまりません。

【撮影情報】
レンズ : 20mmF2.8  シャッター速度優先 1/30 F3.2 
露出補正 -0.3 (多分割り測光モード)  ISO 800
PLフィルター使用 

d0036570_14121281.jpg

先ほどの場所よりは流れが速く、ごうごうと唸る水の音。

【撮影情報】
レンズ : 20mmF2.8  シャッター速度優先 1/25 F16.0 
露出補正 -0.3 (多分割り測光モード)  ISO 800
PLフィルター使用 
[PR]
by kenkenmerry | 2005-08-12 14:22 | 風景写真(カラー)
<< 動物写真(現像の修正なし):その2 動物写真(現像の修正あり):その1 >>