風景写真(自然主義的写真) その2

東北1,800kmの旅からの作品。 (8月1日から5日の3泊5日の旅)
下記作品は縦構図を意識して撮影した風景写真。 縦構図は一般に奥
行きを感じさせるが、不安感や緊張感を引き出すと言われているが、ど
うだろうか。

【秋田杉】は、素材からいって不安感というより、整然と並んでいる杉をみ
ると安定感を感じる。 もし横構図であればこの安定感が横広がりも増し
て本来の秋田杉を表現できたのかもしれない。 

【白絹の滝】は、前景の木を広く取り入れ奥の滝にピントを合わせ、奥行
きを感じさせようとした。 まあまあ自分なりには意図的な構図になったか
な。 この他にも滝の写真を撮影したのだが、滝の流れの中に霊的映像
を感じさせるものばかり。 これも、自然主義的写真なの。

【阿仁街道の秋田杉】
d0036570_11313055.jpg


【奥入瀬渓流の白絹の滝】
d0036570_11323721.jpg

[PR]
by kenkenmerry | 2005-08-26 11:38 | 風景写真(カラー)
<< 動物写真(現像の修正なし):その3 動物写真(現像の修正なし):その2 >>